2014年3月27日木曜日

「ててて!TV」で紹介されました。


放送終了後にみんなで集合写真。おつかれさまでした!

山梨ボードゲーム研究会「きゅうらく」がテレビデビューしました。
3月27日のYBS山梨放送の「ててて!TV」のサークル紹介コーナーに出演です。

よしもと芸人、いしいそうたろうさん、ぴっかり高木さんがMCで生放送でした。
16時20分からの番組で5分程度のコーナーだったのですが、
大学生のメンバーが駆け付けて、協力してくれました。

事前に渡された台本。
まったく役にたたなかったw
当日の流れはこんな感じでした。
15時に集まって簡単な打ち合わせ、ゲームを並べてリハーサル。
時間はかってディレクターさんが「30秒足が出るので台詞短くしましょう」と提案。
もう一度、細部の確認、カメラ&機材チェックしたら本放送スタートしてました。
えっ?と思う間もなくカウントダウンで本番に突入しました。

本番の大まかな展開です。
メンバーがスコットランドヤードで遊んでいる会場に芸人さんが入場。
「ボードゲームといえばこれですよね!」と芸人さんが仕込みの野球盤で遊ぶ。
これをハニワ君があっさり否定して並べたゲームを紹介です。
壁際に並べたカタン、TAKENOKO、EVOなどなどをカメラがなめます。
このうち、TAKENOKOの説明。
「ミカドに贈られたパンダを飼育するゲームです」みたいな。
あとEVOも紹介。「恐竜を繁殖させるゲームです」

スコットランドヤードの所に写って、怪盗Xの帽子をかぶった管理人が登場。
で、サークルの説明をしました。
目が泳いで、リハーサルの台詞がぶっとび、カミカミw

「ボードゲームは紀元前から遊ばれていて、今では世界中で年間1000種類以上も販売されてるんですよ」という台詞も上手く言えなかったw
なんとか上手いこと言い直したけど。
最後に、ごきぶりポーカーをぴっかり高木さんがちょっと体験して、みんなで「さようなら!」の挨拶。

放送を見てくれた人たちからの感想を聞いてて気付いたこと。
スコットランドヤードのMr.Xの帽子は説明がないと、ゲームのパーツだと思わなかったみたい。
テレビだったから、知らない人たちは演出の仕込みと思ってました。
5分というのはテレビ番組的には長いのですが、ボードゲームを紹介するには短い。
そんなわけで、演出方法には苦労したのですが、テレビは難しいですね。


この放送を見て一人でもボードゲームに興味を持ってくれる人が増えたらうれしいですね。
私の周りはボードゲームって人生ゲーム以外にも色々あるというのを知ってくれた人が増えたからその意味では少し成果はありました